FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING, GRADUATE SCHOOL OF ENGINEERING, IWATE UNIVERSITY
MENU

フロンティア物質機能工学専攻

表面界面制御、先端材料制御、極限計測の研究基盤の上に

従来の「フロンティア材料機能工学専攻」と「物質工学専攻」を統合した新しい専攻です。岩手大学のポテンシャルである「表面界面制御」「先端材料制御」「極限計測」の研究基盤の上に、エネルギーと環境の問題解決を手がかりにしながら、新しい理論的枠組みに基づく物質の創製、ならびにその機能の活用と諸材料のプロセスの開発について研究教育を行います。具体的には「環境エネルギー」「マテリアル創製」「フロンティア化学」の3分野を柱として、それぞれを横断する共同研究を通し、科学技術の体系化された教育を実践。北東北をはじめ国内外の産業の将来の展開を見据え、産業のレベルアップと質的な構造改革に寄与できる、倫理観があり視野の広い人材の育成を目指します。

 フロンティア物質機能工学専攻

TOPICS

環境エネルギーを視野に最先端の研究を展開

pic_d-fmf01

物質シミュレーション手法によるナノ構造領域の材料制御および界面制御、環境安全科学・環境毒性学および機能性材料や微生物機能を用いた汚染環境の浄化・修復に関わる教育研究を行っています。

新しい理論的枠組みのもと新たな物質の創製に取り組む

pic_d-fmf02

物性という観点から材料の機能を解明するとともに、材料の物理・化学的性質に基づいた新素材の創製と製造プロセスを含めた機能の制御など、広域かつ高度な研究を行っています。

ページトップへ