コース概要

どのようなことを学び研究するコース?

本コースでは、コンピュータ科学を基幹とし、人工知能(機械学習)技術、知覚情報処理技術、信号・データ処理技術、ネットワーク技術、およびロボット技術を融合的に深化した工学的教育・研究を実施します。具体的には、基幹科目から「アルゴリズム特論」、「計算知能特論」、「信号処理特論」、「知能ロボティクス特論」などを学び、展開科目から「聴覚情報処理特論」、「画像認識特論」、「システムソリューション特論」などを選択して学びます。さらに、他分野の専門家と協働し新たな価値を創造する能力を育成するために、インターンシップ、短期海外研修、アカデミック英語、研究者倫理などの科目も学ぶことができます。

この研究は社会にどのように生かされる?

社会のあらゆることがIT化・AI化されていく流れは加速する一方です。しかし、これは恐れることではありません。コンピュータ科学は人の仕事を奪うものでなはく、人を支援するものです。本コースの研究は、これからの「人」と「もの」が「情報」を介して有機的につながるIoT(internet of things)社会において、様々なシステムの知能化を通して人を支援するコンピュータシステムの発展に貢献します。

大学院に進学する学生に求めることは?

知能情報コースでは、コンピュータ科学に関する専門基礎能力と未知の課題を積極的に解決できる専門的応用能力を有し、安心・安全で豊かな社会の実現に貢献できる高度な専門技術者・研究者を育成することを目標にしています。このような観点から、次のような資質・能力・意欲を有する人を求めます。

・知能情報工学を学ぶにふさわしい専門的基礎学力を有する人
・知能情報工学への高い勉学意欲がある人
・社会の様々な問題の解決に専門的な立場から積極的に貢献しようとする人

どのような人材育成を目指している?

「人」と「もの」が「情報」を介して有機的につながるIoT (internet of things)社会において、様々なシステムの知能化を通して人を支援する新たなコンピュータシステムを開発できる高度専門職業人・研究者を育成します。特に、社会の様々な課題に対して、本コースで学んだ専門的知識を活用し、主体的に問題を解決できる人材。そして、既存の産業界の枠にとらわれない新たな製品開発と豊かな社会の発展を担うことができる人材の育成を目指します。

修了後の想定される進路は?

本コースの修了生は、コンピュータ分野の知識を有しています。そのため、就職先としては、情報サービス業、電気機械器具製造業、電力業、通信業、輸送用機械器具製造業、総合工事業などの幅広い業種が想定されます。就職先の分野としては、情報分野が多く挙げられます。就職先として多い産業は、情報通信業、電気機器製造業、製造業などです。さらに、研究開発能力を一層高めるために、博士課程に進学する道も用意されています。

コースとして実施している学生サポートは?

教員の中に大学院教務担当者を置いています。入学オリエンテーションを行い、履修の指導を行っています。また就職についても、教員の中に就職担当者を置き、就職の指導・サポートを行うなど、様々な場面で、教員が学生をサポートする体制が整っています。

このコースのここがすごい!

人間はかすみを食べて生きていくというわけにはいきませんので、大学・大学院への進学を考えている皆さんは、将来社会人となり仕事に就くことを意識しながら進路を考えなければなりません。巷では、IT化・AI化により消えていくと予想される仕事がよく話題にのぼります。医者や弁護士のようなよほど高度な能力がなければ、社会から脱落していくかのような煽りぶりです。しかし落ち着いて考えれば、皆さんにはチャンスがあります。社会がどんどんIT化されるのであれば、そうです、IT化する仕事に就けば良いのです。ぜひコンピュータを専門とする本コースで学び、変化の大きい社会をたくましく生き残ってください。

在学生 INTERVIEW

大学生活でやり残したことに挑戦できる最後のチャンス。

成田 勇気 さん 岩手大学工学部電気電子・情報システム工学科[2016年度卒業]
大学院工学研究科電気電子・情報システム工学専攻

学部時代は、“グラフ上のトークン整列問題”というテーマで研究をしていました。ソートアルゴリズムをグラフに一般化することで様々なデータ構造に対応できるようにし、効率の良いソートアルゴリズムを探そう見つけようという研究です。この研究を続けたいという気持ちと、もっと色々なことに挑戦したいという二つの目的があって大学院進学を決意しました。
大学院ではカリキュラムが決まっていないので、自由な時間が多く自分でコントロールしないといけないところが、学部の時との違いです。自分次第でさぼることもできれば、有意義に使うこともできるので、うまく調整すると本当に様々なことに挑戦できると思います。もちろん学部の時にも同じように自由に使える時間はありますが、知識のアンテナが広がったことで、より幅広い分野での挑戦をすることができます。
私自身は、学内カンパニーや外部の色々な企業のインターンシップに参加するなど積極的に行動しました。これらに参加することで、大学の講義だけでは得ることのできない刺激を受けられるのが大きな魅力です。また、企業インターンを通じて、新しいものを創ることや問題を解決することの楽しさに気づき、将来、ものづくりに関わる仕事に就きたいと思うようになりました。今まさに就職活動中で、プロダクトにコミットできる企業への就職を目指して活動中です。
大学は自分のやりたいことを自由に楽しく学べるところです。入学するときに自分のやりたいことを持っていると大学生活がより豊かになると思います。また、入学の時点でやりたいことを明確に持っていなかったとしても、見つけようと行動すれば必ず見つけることができます。学生という立場で失敗を恐れず色々なことに挑戦できる最高の4年間だと思うので、まずはぜひ大学生活を有意義に過ごしてほしいと思います!
大学院については、私は、研究するためだけの場所ではないと思っています。学部時代に届かなかった目標や、もっとやりたかった、と心残りのあることに挑戦できる最後の時間です。やり残したことや挑戦したいことがある人は大学院への進学をお勧めします。覚悟を決めて挑めば、研究も課外活動も含めて充実した学生生活が送ることができますよ。

※取材は2017年3月段階のものです

コース紹介