コース概要

どのようなことを学び研究するコース?

本コースでは、主にデザイン工学とメディア工学を学ぶことができます。デザイン工学においては、環境、プロダクト、コンテンツについて学びます。また、メディア工学では、デザインを支える基礎技術をテーマに研究します。メディア工学とデザイン工学の両方を学びながら、主となる専門分野をより深く学ぶことができます。また、留学生を含む異なる分野のメンバーのグループによる、課題解決型のプロジェクト学習があります。これにより、学際的な知識の学習や相互のコミュニケーション能力の育成、グループ学習によるコミュニケーション能力の獲得、国際社会で活躍できる人材の養成を目指します。

コースによる公式サイト

この研究は社会にどのように生かされる?

ひとに優しい環境と文化的な生活空間など、心の豊かさに対する社会的ニーズにこたえることができます。また、環境系デザイン工学、芸術系デザイン工学、メディア工学など、背景とする学問分野の異なる学生が、自らの構想によるシステム開発などを課題として、プロジェクトを連携して推進していくことにより、チーム活動力を身につけることができます。さらに、専門分野および関連分野に関する幅広い知識を習得させ、英語能力を含むコミュニケーション能力を身につけ、国際社会で活躍することができます。デザイン工学とメディア工学のいずれかの専門分野もしくは融合分野における研究活動に従事することも可能です。

大学院に進学する学生に求めることは?

科学技術分野において、広範な専門基礎学力と未知の課題を積極的に解決できる専門的応用能力を有し、地域社会と国際社会の発展および自然環境との共生を重視する高度な専門技術者・研究者を育成することを目標にしています。各入学段階における学生に求めることは次の通りです。

<一般入試>
・研究・開発能力を培うに必要な専門基礎学力を有する人
・問題解決に意欲を有し、実行力・具現化能力に優れた人
・倫理観を有し、高いモチベーションで日々努力する人

<社会人入試>
・研究・開発能力を培うに必要な専門基礎学力を有する人
・社会人の経験を通して、柔軟で幅広い知識と倫理性を兼ね備えた人
・問題解決に高いモチベーションで日々努力する人

<外国人留学生入試>
・研究・開発能力を培うに必要な専門基礎学力を有する人
・問題解決に意欲を有し、実行力・具現化能力に優れた人
・日本文化を理解し、倫理観と高いモチベーションを備えた技術者・研究者として国際的に活躍できる人

どのような人材育成を目指している?

デザイン・メディア工学コースは、心の豊かさに対する社会的ニーズをふまえ、ひとに優しい環境と文化的な生活空間の形成を目的とする<環境、プロダクト、およびコンテンツ>などのデザインに関わるデザイン工学(環境系,芸術系)と、その基盤技術として発展の著しいメディア工学に関する教育研究を通じて、デザインと技術の相互の分野を理解し協働できる高度な専門技術者の育成を行い、協創的社会の実現に貢献する人材の育成を目指しています。

修了後の想定される進路は?

博士後期課程へ進学、行政(公務員)への就職。その他、デザイン・印刷関連企業、建設関連企業(環境計測、建設、設計・コンサルタント)、メーカ(自動車、家電、携帯電話など)、ソフトウェア開発業(Webシステム、メディアツール、組み込みシステムなど)、コンテンツ制作関連企業(Webコンテンツ、アニメーション、ゲーム、バーチャルリアリティー、デジタルアーカイブ)、放送・通信業(放送コンテンツ、通信インフラ構築など)セキュリティ関連企業などへの就職が想定されます。

在学生 INTERVIEW

希望するゲーム業界を目指すために、自分のスキルを磨き実績を作りたかった。

越後谷 勇介 さん 岩手大学工学部 電気電子・情報システム工学科
情報システム工学コース[2014年度卒業]
大学院工学研究科デザイン・メディア工学コース専攻

学部時代は4年間を通して、コンピュータに関する基礎知識やプログラミングの技術を学びました。3年後期に研究室配属が決まり、趣味でイラスト制作をしていたことから、コンピュータグラフィックスの分野で、特に画像合成技術についての研究を行いました。
実は公務員の選択肢も考えていて、学部3年次に公務員講座を受講していました。しかし、配属された研究室の先輩方がチームを組んでゲームを製作し、イベントに出展していること知りました。興味を持った私はチームに参加させてもらい活動するうちに、自分で製作したゲームで人に楽しんでもらうことに喜びを感じ、ゲーム業界を目指すようになりました。そこで、自分自身のスキルに磨きをかけ、幅を持たせるために大学院に進学することに決めました。
進学後はデザイン・メディア工学コースで、学部時代から引き続いて画像合成技術について研究を行っています。画像合成は少しのアルゴリズムの違いでまったく異なる結果になるため、はじめは良い成果を上げられるか不安もありましたが、教授に丁寧に指導していただけたので、最終的には理想とする形に持っていくことができました。
またこのコースでは、CG、アニメーション、デザイン、ネットワークなど、エンターテイメント業界やIT業界に必要な技術も学ぶことができ、希望する職種に直結する分野の知識を得ることができました。その他、私はゲーム業界を目指すために実績を作りたかったので、独学で勉強し様々なイベントやコンテストに出展したりもしました。念願だった東京のゲーム開発会社に晴れて就職することができたのも、こうした大学院での充実した2年間のおかげだと感じています。
4年間の大学生活は人生で最も自由な時間です。やろうと思えば何でもやれるし、行こうと思えばどこへでも行くことができます。この限られた時間の中で様々なことにチャレンジし、多くの経験をしてみてはいかがでしょうか。その経験の中で将来進みたいと思う目標や、進むためには何が必要であるかが明確になるはずです。大学院に行くことが必ずしも良い選択とは限りませんが、目標に進むための知識や経験を得る手段になります。将来を見据え、とるべき行動の取捨選択をしっかりと行い、目標に向かって真っすぐに突き進んでください。

※取材は2017年3月段階のものです

コース紹介