コース概要

どのようなことを学び研究するコース?

高度な電気エネルギーの運用のもと、ICT(情報通信技術)を基盤とした社会の構築には電気電子通信工学(無線通信、ディジタル信号処理、センサデバイス、薄膜デバイス、プラズマ、パルスパワーなどの学問)は必要不可欠です。本コースでは「電気エネルギー分解」、「電子デバイス分野」、「通信・電子システム分野」の各専門分野を設け、教育研究を展開しています。学部で習得する電気・電子工学、電磁気学を基礎に、「電磁気学持論」、「通信システム工学持論」、「電子物性工学特論」など、各分野バランスよく開講される科目の習得と研究室での研究活動を通じ、研究分野の専門性を習得します。

この研究は社会にどのように生かされる?

電気はその並外れた運用形態の柔軟さにより、これまでも交通機関の動力源、照明の光源、通信の情報源などで社会貢献がなされてきました。今後もその可能性は無限であると考えられます。しかし、生活を便利にするという観点に捉われ過ぎることなく、省エネルギーや環境負荷低減など持続可能社会への貢献も果たす技術を研究・開発することで、新しい価値や文化を創造していきたいと考えています。

大学院に進学する学生に求めることは?

研究・開発能力を培うために必要な専門基礎学力を持っていること。そして、道筋の与えられない問題の解決に対する意欲や実行力、具現化能力に優れた学生を求めています。また、倫理観を有し、高いモチベーションで日々努力する学生を求めています。

どのような人材育成を目指している?

現代産業社会を支える電気電子通信工学分野で活躍でき、さらに新しい科学技術を創出できる技術者・科学者への育成を目標としています。したがって、専門の深化とともに、他分野との積極的な連携や国際学会での研究成果発表を通して、領域横断的な展開力や国際性や倫理観の教育に重きを置いています。

修了後の想定される進路は?

主要な就職先として、東北電力(株)などの電力インフラ系事業者、東日本電信電話(株)(NTT東日本)などの通信インフラ系事業者、(株)日立製作所などの電気機器メーカー、トヨタ自動車東日本(株)などの自動車関連企業などが想定されます。その他にも、機械、化学、建設、金融、運輸など、電気を使う他業界への就職もこれまでの実績の中に数多くあります。また、博士課程進学者も近年増えています。

在学生 INTERVIEW

学部で学んだ基礎が、どのように応用されるか自分の目で確かめたい。

金野 良介 さん 岩手大学工学部 電気電子・情報システム工学科
電気電子工学コース[2016年度卒業]
大学院工学研究科電気電子・情報システム工学専攻

私は学部時代、電気回路や電子回路の基礎、電磁気における基礎的な物理現象とその応用、半導体などの電気電子材料工学における基礎について学びました。そして現在は大学院で、学部時代に学習した電磁気学の知識を生かし、水中放電による汚染物質の分解について研究しています。
私が大学院への進学を決めた理由は、見識を広め将来の選択をしたいと思ったからでした。学部でも様々な知識を得ることができますが、それをどう応用できるのかを直接確かめたいと思いました。また、将来どのような分野の仕事に携わりたいかまだ決めかねていたので、大学院でよりたくさんの研究を参考にしたいと思ったことも理由の一つです。
大学院での研究では様々な測定機器や実験器具に触れる場面が多くあります。実験の条件に合わせた測定技術を身につけたり、実験システムの構築などにも今までに習わない知識が必要になることも考察し、次のステップにつなげる力がつきます。
また、自分の研究を発表するための学会に参加する機会があることも魅力です。他大学や関連企業の研究者と交流の機会が増え、研究や社会に対する価値観や見聞を広めることができます。私自身、海外で開催された国際学会にも参加させていただきましたが、よりたくさんの方と交流があり、また、多文化に直接触れることができ良い経験になりました。
このように、大学院では学内だけでなく外部での発表が必須となるので、研究の成果もシビアに求められます。そのため、自分の研究と向き合う時間がとても多くなります。もちろん大変な時もありますが、その分乗り越えた時には大きな充実感があります。最近では海外での発表で受賞することができ、その時の喜びは格別でした。また、こういった機会は自分の未熟さを再認識する場にもなり、次なるステップへのモチベーションにつながります。
高校生のみなさんが今勉強していることは、全てが大学の勉強へとつながっています。大学で一段階も二段階も難しい授業を芯から理解するための基礎になるのが高校での学習です。そして最終的には、それが社会に出てから研究や開発に役立つ力になるので、今勉強していることを大切にしてほしいと思います。私はSSHの指定校である水沢高校で課題研究に携わる機会がありました。そこで、考え抜く力、自分の考えを伝え切ろうとする力を学び、それが今の研究に確実に生きているし、きっとこの先も役立つものと信じています。科学研究を行っている高校生は、今研究してつけた力は「一生」生かすことができるので、一生懸命身に磨いてほしいと思います。
また、私が大学院での研究を通して感じたことは、「どの企業も研究室も、あるいはどんな開発もどんな研究も、何かの役に立つことを目的としている」ということです。進路を決定する上で、将来、自分が何の役に立ちたいか明確に目的を持つことが大切です。また、その岐路に立った時、よりたくさんの知識を持っていることが進路選択の自由を広げることにつながります。ぜひいろんな情報を見聞きし、それを進路を決める指針にしてほしいと思います。私のメッセージが、皆さんが将来を考える上で参考になれば嬉しいです。

※取材は2017年3月段階のものです

コース紹介