コース概要

どのようなことを学び研究するコース?

主に材料科学のより高度な専門的知識について学習します。最先端の超伝導材料、電子材料、半導体材料、有機材料、リサイクル、水素活用材料などがそれに含まれます。さらに関連する分野のより広い課題、例えばエネルギーや資源問題、環境問題などについての知識を得るだけではなく、材料科学の視点からそれらの課題に対処する手法などについて学びます。また、研究成果を発表する能力、研究に限らない様々な課題解決能力などを高めるためのカリキュラムも用意しています。

この研究は社会にどのように生かされる?

材料科学コースで行われている研究は、新しい素材やプロセスなどの開発を可能にするというものです。それらを利用すると、省エネルギーや再生可能エネルギー、省資源やリサイクルに関係する技術などがより一層発展し、持続可能な社会の実現に大きく寄与することが期待されます。さらに、これらはこれまでに無い新たなデバイス・製品の開発に結びつくような研究でもあり、より快適で豊な暮らしの実現にも大いに役立てることが期待されます。

大学院に進学する学生に求めることは?

材料科学コースでは、材料科学技術分野において、広範な専門基礎学力と未知の課題を積極的に解決できる専門的応用能力を持ち、地域社会と国際社会の発展および自然環境との共生を重視する高度な専門技術者・研究者を育成することを目標にしています。このような観点から、本コースでは次のような資質・能力・意欲を持つ人を大学院生として求めます。

・研究・開発能力を培うに必要な数学、語学などの基礎科目と、材料科学あるいはその周辺分野での専門科目における十分な基礎学力を有する学生
・材料科学における学術探求を通じて社会の諸問題の解決に積極的に取り組む意欲を有し、実行力を持つ学生
・高い倫理観と、他者と協力して取り組むための協調性・柔軟性を持ち、さらに材料科学を含む各分野のリーダーとなることを目指す学生

どのような人材育成を目指している?

まずは材料科学を深く学び、高度な専門知識と技術を修得するとともに、多面的な視点から問題の本質を見抜く能力、柔軟な思考力と論理的な展開能力を身につけること。さらに、材料科学の専門性を生かして地域・グローバル社会の諸課題の解決に取り組み、社会貢献できる人材の育成を目指しています。また、広範な教養を備え、広い視野での俯瞰力と高い倫理観を持ち、科学技術が社会や地球環境に与える影響を多面的、客観的に分析すること。現代社会が直面する複雑な地球的課題に取り組む意欲と能力を持つ人材の育成も目指しています。

修了後の想定される進路は?

履修した材料科学を生かして、素材や半導体産業、機械・電気・電子に関係する部品や機器製造、自動車、リサイクル・エネルギー関連産業への進路が考えられます。また旧専攻では、大学院で培った研究能力を生かし、幅広い分野の産業界や公務員、高校教員などへの進路も実績があり、今後もそのような進路に進むことが想定されます。さらに産業界に限らず、大学や国公立研究所・試験所などの研究者となる道も開かれています。

在学生 INTERVIEW

試行錯誤を繰り返すなかで、自分で考える力が自然と身につく。

細川 卓耶 さん 岩手大学工学部マテリアル工学科[2015年度卒業]
大学院工学研究科フロンティア材料機能工学専攻

私は元々、岩手大学に入学する以前より「水素エネルギー」に興味を持っていました。対地球温暖化として水素によるクリーンエネルギーの発展に携わりたいと思っていたところで出会ったのが現在所属している研究室です。学部では主に座学による勉強が中心でした。そこで、大学院に進学し、今の研究室でさらに水素エネルギーに関連した材料の研究を続けることで、研究活動を通して自分で身をもって経験しながら専門性を高めようと考え進学に至りました。進学した現在では、経験の大切さを実際に感じながら研究生活を送っています。
大学院では、学部時代に比べて研究内容や授業の内容の専門性がより高くなるため、その内容についていけるかという不安がありました。授業については、学部時代に勉強した内容を振り返りながら勉強を重ねることで少しずつ理解していきました。また研究についても、困ったことがあれば指導教員の先生からアドバイスをいただきながら進めることができます。指導教員の先生も優しく、研究の相談にも快くのっていただけるので心配は要りませんよ。
進学して良かったことは、やはり研究活動を通して、これまで授業で学んできたことを実体験として経験できることです。座学による学習だけでは、今勉強していることが実際にはどのように役に立つのだろうかと不安に思うこともあるかと思います。それを利用し、例えば実際にある機能的な材料の開発に携わることで、この様にして役に立っているのかと実感を得ることができます。また、研究では失敗することも多々ありますが、その失敗からどうすれば次に生かせるだろうかと試行錯誤を繰り返すことで、自分で考える力も少しずつ鍛えることができました。
もちろん大学院でも学部生と同じように授業があり研究活動も行います。基本的に研究室で一日を過ごすことが多くなりますが、その中で自分なりに予定を立てて生活をしていくので、研究と両立しながらサークル活動やアルバイトを行うこともできます。また、大学院生になると毎年開催される学会に参加し、研究内容を発表する機会があります。その年によって開催される大学が違うので、普段できないような遠出をすることができますよ。
私は就職先が決まっていて、4月からは社会人になります。水素エネルギーに関連したことに少しでも携われること、研究テーマである水素センサーに関連して人の安全を担う製品に携われること、自動車部品メーカーに興味があることなどを総合して就職活動を進めていたところ、現在の会社とご縁があり入社を決めました。
大学院に興味のある人たちは、何かしらこういうことをやってみたいという夢を持っている人が多いのではないでしょうか。その様な人たちにとっては絶好のチャンスだと思います。自分がやってみたいと思うことにぜひトライし、その道を突き進んでいってください!また、大学院生活は何もずっと研究ばかりの生活ではありません。授業の多い学部時代とは違い、研究以外にもプライベートの時間が増えるため、その時間で趣味に没頭したり新しいことにチャレンジしたりすることで、人生もより充実してくるのではないでしょうか。今は興味のない人でもそんな時間が欲しい!という人には特にお勧めです!

※取材は2017年3月段階のものです

コース紹介