FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING, GRADUATE SCHOOL OF ENGINEERING, IWATE UNIVERSITY
MENU

地域連携

多彩な分野の専門研究から生まれる優れたアイデアと研究成果が地域に新しい力を与えています

高周波溶解炉で溶かした鋳鉄を鋳型に流し込み鋳鉄が作られます。鋳造技術研究センターの工場は、鋳造技術の研究開発を行うものづくり研究棟として地域企業にも開放しています。

高周波溶解炉で溶かした鋳鉄を鋳型に流し込み鋳鉄が作られます。鋳造技術研究センターの工場は、鋳造技術の研究開発を行うものづくり研究棟として地域企業にも開放しています。

 岩手大学は、地元民間企業や官公庁との研究プロジェクトをはじめとする共同研究の数が全国でトップクラスです。理工学部においても産学官が連携したさまざまな取り組みが行われています。知識や技術、研究力を活かして地域の課題やニーズに取り組んでいます。多彩な分野の専門研究から生まれる優れたアイデアと研究成果が、地域に新しい力を与えています。

 

1.日本のキャスティングバレー(Casting valley:鋳造の拠点)をめざして
鋳造技術の研究開発をすすめる拠点づくりを担う

工学への興味を誘う高校生のための鋳造体験実習。鋳造実験は学部生にも人気の実験で、自分だけのものづくりを体験することができます。

工学への興味を誘う高校生のための鋳造体験実習。鋳造実験は学部生にも人気の実験で、自分だけのものづくりを体験することができます。

 鋳造技術研究センターは、ものづくり技術研究センターに設けられた3つの研究センター(金型技術研究センター、鋳造技術研究センター、複合デバイス技術研究センター)の一つです。鋳造技術の研究開発を通して、ものづくりに関わる地域の産業振興を図る重要な役割を担っています。
 鋳造とは、鋳型の中に溶かした金属を入れて鋳物を作るというもので、岩手県の伝統工芸文化である「南部鉄器」はその代表例のひとつです。
 鋳鉄は工業製品のパーツとして利用されることが多いことから、鋳鉄の研究開発の分野は、自動車メーカーや部品メーカーとの共同研究に取り組む機会が多い分野と言えるでしょう。

鋳造技術研究センター長 平塚 貞人(ひらつか さだと) 教授

鋳造技術研究センター長
平塚 貞人(ひらつか さだと) 教授

  国のプロジェクトである「戦略的基盤技術高度化支援事業」では、岩手県内の鋳造企業との連携により、より高性能な鋳鉄製造を研究し、自動車のブレーキディスクやエンジン部分への応用を図っています。特に力を入れてるのが、「薄肉強靱鋳鉄」の研究です。鋳鉄の強度を増すことによって部品を薄く、かつ軽量化することができます。それによって自動車の重量を軽くし燃費の向上を図ります。
 鋳造技術研究センターの工場は、鋳造技術の研究開発を行うものづくり研究棟として地域企業にも開放しています。また、次世代のものづくり人材の育成を図るために、高校生のための鋳造体験実習を行っています。

 

2.腐食の研究で得た知識や経験をさまざまな分野で応用
南部鉄器伝統の防錆技法を工業的防錆に昇華させた化学の視点

イオン交換の原理を用いると水道水を錆びない水に変えられます。写真のはさみは平成15年から水の中で錆びないまま置かれています。

イオン交換の原理を用いると水道水を錆びない水に変えられます。写真のはさみは平成15年から水の中で錆びないまま置かれています。

 鉄は天然に金属状態で存在しません。砂鉄も酸化物です。水と空気に囲まれた自然の中で、鉄の本来あるべき姿は酸化物や水酸化物(錆)なのです。錆びることを腐食といい、それを防ぐことを防食といいます。防食は、多くの場合、金属表面に保護皮膜を形成させることによって達成されます。
 鋳造は原理こそ単純に見えますが、南部鉄器の伝統的な工程は、職人技によるところが多く、防錆処理法には「釜焼き」と呼ばれる方法がとられていましたが、均一な酸化皮膜の形成が難しいという課題がありました。安定した酸化皮膜を作るにはどうしたらよいのか。その課題に応えるために地元企業との共同で開発したのが、高度に制御された熱酸化処理による高耐食性鋳鉄製品の製造技術です。テフロンやホーローなどの塗装加工を行うことなく、緻密で均一な酸化皮膜を与えることに成功、南部鉄器の風合いを生かしながら、高耐食性の表面を得ることができました。本技術を応用した鍋は「上等鍋」として商品化され、好評を博しています。

 
化学・生命理工学科 化学コース 八代 仁(やしろ ひとし) 教授

化学・生命理工学科 化学コース
八代 仁(やしろ ひとし) 教授

 腐食とは金属が錆びる現象でしたね。一方電気化学の分野で主に研究対象としているリチウム電池は、金属が溶けたときに流れ出る電子を上手に取り出し有効に使おうというものです。腐食も電気化学(リチウム電池)も、どちらも金属が溶けて起こる化学反応なのです。私たちの研究室では、腐食の研究で得た知識や経験をベースに、さまざまな分野での応用を考え、研究の領域を広げています。地域から求められていることに応えることが地域貢献であり、理工学部の使命であると考えています。

 

3.地域社会のニーズと専門研究がマッチング
最適なヘアスタイルを示すタブレット端末用アプリを共同開発

 メディア工学分野のなかに近年注目を集めている研究にインタラクション工学があります。インタラクション工学は、コンピュータと人間のより良い関係を構築することを目的のひとつとしています。インタラクション工学において、ユーザーの人的操作に対するシステムからの適切な反応を設計することをインタラクションデザインといいます。
 特にコンピュータビジョンは、カメラからの画像情報を基に、人工知能や進化計算を用いたコンピュータビジョン、ヒューマンセンシング、視覚情報処理などの基礎技術であり、インタラクションデザインには欠かせない技術です。

タブレット端末を使ってお客様に似合った髪型を提案できるアプリを地域企業と共同開発

タブレット端末を使ってお客様に似合った髪型を提案できるアプリを地域企業と共同開発

デザイン系と工学の融合がテーマの研究棟「デザイン・メディア協創工房」

デザイン系と工学の融合がテーマの研究棟
「デザイン・メディア協創工房」

  このインタラクション工学の専門研究が地域のニーズと出会って生まれたのが、「お客様に最適なヘアスタイルを示すことができるタブレット端末用アプリ」です。進化的計算と呼ばれる人工知能の一種を用いて、顔をセンシングする技術が応用されています。タブレットを用いることで、客と美容師が、こんな感じにしたいというイメージを具体的に共有でき、相談しながら美容師が客に髪型などを提案することができます。研究者が長年蓄積してきた技術と企業が培ってきた経験知を融合してソフトウェア化し、美容の現場で活用できるアプリとして実用化させた共同研究です。

システム創成工学科  知能・メディア情報コース 明石 卓也(あかし たくや) 准教授

システム創成工学科 知能・メディア情報コース
明石 卓也(あかし たくや) 准教授

 私は、基礎研究と同様に、コンピュータビジョンやインタラクション工学の実用化研究にも学術的な面白さがあると考えています。理工学部では、上で述べたような様々な分野における地域貢献を通じて、日ごろから培った基礎研究を種(シーズ)として,地域企業の要望(ニーズ)に応えています。

ページトップへ