FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING, GRADUATE SCHOOL OF ENGINEERING, IWATE UNIVERSITY
MENU

応用化学・生命工学専攻

化学と生命工学の融合で、 人と環境にやさしい技術開発へ

新しい有用物質の創製、新エネルギーシステムの開発、生命現象、生命情報機構などの研究は、地球環境や生命との調和を目指す21世紀の社会にとって、欠かすことのできない科学技術基盤です。従来の化学分野と生命工学分野が融合した応用化学・生命工学専攻では、人と環境にやさしい機能性物質、化学プロセス、生命体情報等をテーマに教育研究を展開。2年間の学びを通して、化学および生命現象における物質基盤と、その作動原理を十分に理解し、高度で複合的な問題に対する解決能力を有した国際的に通用する高度専門技術者の育成を目指します。本専攻では、有機・高分子化学コース、無機・物理化学コース、生命工学コースの3コースを設定。各コースの連携のもとで個々の研究テーマを深め、専門性を身に付けていきます。

応用化学・生命工学専攻

TOPICS

相形成速度と表面近傍における挙動のリアルタイム観察装置の開発研究

応用化学・生命工学専攻

ナノ構造体をビルドアップ的に配合・配列・パターニング制御することにより、次々世代のデバイス開発へ繋げるため、マクロスコピックな世界では得られなかった電気・電場・磁性応答の達成を目指し、相形成速度と表面近傍における挙動をリアルタイム観察する装置の開発研究を進めています。

味覚受容の分子メカニズムの探索

応用化学・生命工学専攻

現在でも全体像が明らかになっていない塩味と酸味の味覚受容体(レセプター)の分子的実体を解明するため、マウスや線虫を用いた分子遺伝学的な手法やライブイメージングなどを組み合わせて研究に取り組んでいます。

ページトップへ