FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING, GRADUATE SCHOOL OF ENGINEERING, IWATE UNIVERSITY
MENU

社会環境工学専攻

安全・安心な社会基盤を構築できる高度な専門技術者を養成

少子高齢化、環境問題のグローバル化と局地化、大規模な自然災害の多発などを背景に、安全・安心な社会基盤や質の高い自然、都市環境をどのように築き、持続していくかが、建設工学の役割としてさらに重要になっています。こうした課題を解決するには、建設、環境、防災、福祉の専門的素養とともに、深化した専門的知識を統合し、総合的かつ柔軟に対応できる能力を備えた高度な専門技術者が求められます。本専攻では、座学やゼミナールなどで専門的知識を学ぶとともに、指導教員によるマンツーマンの指導により、課題探求、研究計画、研究方法および論文作成など研究に不可欠な手法を修得していきます。これらを通して、安全・安心な社会および社会基盤を構築できる高度な専門技術者や研究者を養成します。

社会環境工学専攻

TOPICS

地域防災研究センターと連携し幅広い分野から防災を研究

pic_m-cee01

社会環境工学専攻に所属する多くの教員は、地域防災研究センターと連携して、地震、津波、火山、洪水など地域の自然災害を軽減するための多くの研究を行っています。

地域の抱える課題を工学的手法で解決する

pic_m-cee02

研究課題の多くは、大学の外(フィールド)にあります。都市交通の計画立案、河川への環境影響調査などは、その一部に過ぎません。地域の課題を住民と協力して解決する。そんな研究がここにはあります。

ページトップへ