FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING, GRADUATE SCHOOL OF ENGINEERING, IWATE UNIVERSITY
MENU

金型・鋳造工学専攻

理論と実践的技術、経営センスを兼ね備えた技術者を養成

本専攻は、日本のものづくりを支える金型と鋳造の基盤技術に特化した、日本で初めての大学院です。岩手地域の金型産業は、時計部品、電気機械工業、自動車製造などに関して高い水準にあるほか、鋳造も南部鉄器などの工芸品の伝統を背景に、自動車エンジンや機械部品として高い水準を持っています。これらの分野で世界の拠点となるには、人材の育成が急務です。本専攻では、理論と実際の製造工程を知り、経営的センスを兼ね備えた専門的高度技術者を養成。地域のニーズに密着しながらも日本のものづくりの発展進化も視野に入れ、世界に通用するものづくり地域の形成と、日本のものづくりの発展・継承に貢献することを目指します。

金型・鋳造工学専攻

TOPICS

最新設備を用いた実習

pic_m-dmc01

極細線ワイヤ放電加工機(金型コース)、X線マイクロアナライザ(鋳造コース)など、国内最新鋭の設備を導入。先端技術を習得できます。

長期インターンシップ

pic_m-dmc02

6ヶ月にわたる長期のインターンシップを実施。その期間、教員が訪問して進捗状況の把握と指導を行い、修士論文を作成します。

ページトップへ