FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING, GRADUATE SCHOOL OF ENGINEERING, IWATE UNIVERSITY
MENU

履修の流れ

履修の流れ

 大学の教育は、全学生が共通に学ぶ「教養教育科目」と各学部・学科・コースごとの「専門教育科目」で構成されています。「教養教育科目」では、基礎的な知識、多様な領域に対する学問的関心、幅広く深い教養と総合的判断力等を修得すること、及びそのような教育を通して豊かな人間性を身に付けます。「専門教育科目」では、それぞれの理工学分野の確かな専門性と理工学的課題に多角的に対処できる総合力を養います。

教養教育科目

 学部の枠組みを超えて、本学で学ぶ学生が幅広い教養と総合的な判断力および豊かな人間性を身に付けるための科目です。高校とは異なる大学の学びを学修するための転換教育科目や、文化、社会、自然、環境、外国語、健康・スポーツ、情報等の科目があります。

専門教育科目(専門基礎科目・専門科目)

 各学部・学科・コースで開講する専門の科目です。専門分野を学ぶために必要な基礎学力(数学、化学、物理など)を養う「専門基礎科目」と、理工学の各分野に共通する基本的な理論・方法・技術から専門分野の知識を高める「専門科目」があります。「専門科目」は、3学科の教育プログラム(コース)ごとに設定され、コースの専門性を身に付け、学士の学位を与えるための科目群です。講義のほかに演習、実験、実習、専門英語、国際研修(海外語学研修)、社会体験学習(インターンシップ)、工場見学なども含まれます。
1年次では開講が少なく、2年次、3年次と増えていき、4年次では卒業研究が中心となります。

ページトップへ