FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING, GRADUATE SCHOOL OF ENGINEERING, IWATE UNIVERSITY
MENU

インターンシップ

岩手大学理工学部インターンシップ実施概要

インターンシップとは、「学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行う制度」(文部科学省、厚生労働省、経済産業省の定義)で、岩手大学では下記概要により実施しています。

在学生の皆さんには、多くのメリットがあるので有効に活用してください。

  • 事業所の現場における実習を通じて、自主性、独創性、実社会での適応力を養うことができる。
  • 実際の現場に触れることで、学問・研究について新たな学習意欲が喚起される。
  • 事業所に対する理解が深まる。
  • 自分に合った職業を選ぶ能力が身に付く。
  • 将来に対して同じ目的意識を持っている仲間と出会うことができる。

1. 目的

岩手大学理工学部「社会体験学習」(以下「インターンシップ」という)事業は、学生に職場体験させることにより、主体的で創造的な人材の育成を図ることおよび事業所、地域との連携を図りながら、広く社会に貢献することを目的としています。

2. 対象学年等

この科目の対象学年は3年次であり、集中学習として、以下の定められたカリキュラム全てに参加する必要があります。
なお、単位認定は1週間(40時間)で1単位、2週間(80時間)で2単位とします。この課程の履修は4年次および大学院でも参加できます。

3. 実施時期

インターンシップは、主として夏期休業期間に実施します。

事前指導・事後指導

1. 事前指導

実習に先駆け、受講希望者に対し「事前指導」を行うことにより、就業体験が円滑に進行すると同時に有意義なものになります。また、学生の自主性とやる気を喚起するために役立ちます。

Ⅰ. 事前教育・安全教育

  1. インターンシップの目的、全体の流れを紹介するガイダンス
  2. 就業体験先の業界・事業所研究
  3. 就業意識の啓発、一般常識・ビジネスの常識、特定の専門知識の修得
  4. 守秘義務の遵守
  5. 事故等のリスクを予防するための意識づけ

Ⅱ. 事前学習

  1. 職業意識と心構え/業界および事業所の研究/日報・報告書類、レポートの作成方法/専門知識の修得

2. 事後指導

インターンシップ終了後、実習で得たものを学生がお互いに認識し確認しあうために、以下の項目について「事後指導」を実施します。実習の成果は、この事後指導を行うことによって一層有意義なものになりますので、重要な役割を果たすものと考えられます。

  1. 報告・自己評価等に関する指導
  2. ディスカッション

インターンシップ報告書

平成21年度工学部インターンシップ報告書[PDF]

平成22年度工学部インターンシップ報告書[PDF]

平成23年度工学部インターンシップ報告書[PDF]

平成24年度工学部インターンシップ報告書[PDF]

平成25年度工学部インターンシップ報告書[PDF]

平成26年度工学部インターンシップ報告書[PDF]

平成27年度工学部インターンシップ報告書[PDF]

平成28年度工学部インターンシップ報告書[PDF]

ページトップへ