FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING, GRADUATE SCHOOL OF ENGINEERING, IWATE UNIVERSITY
MENU

教員INDEX

  • 環境
  • エネルギー
  • 化学
  • 電気
  • 電子
  • 機械・航空
  • 金属

呉 松竹

(くれ しょうちく)

KURE-CHU Song-Zhu

准教授 Associate Professor

所属

化学コース
[前]応用化学・生命工学専攻
[後]フロンティア物質機能工学専攻

取得学位

博士(工学) 学位の分野:材料化学

専門

機能性表面工学 Functional Surface Finishing Engineering
応用電気化学 Applied Electrochemistry
材料化学 Chemistry of Materials
ナノ材料の創製 Fabrication of Nanomaterials

プロフィール

中国 チチハル軽工学院 軽工系 ケイ酸塩工程専攻 卒業 1982年7月
中国 鶴岡市板硝子製作所 技術課 助理工程師 1982年8月~1985年8月
中国 東北大学 化学系 表面加工技術研究所 修士課程修了 1985年9月~1988年1月
中国 瀋陽化工学院 化工機械系 化工機械研究室(腐食と防食) 講師 1988年1月~1996年10月
中国 東北大学 有色金属製錬系 軽金属製錬専攻 博士課程(中退) 1994年9月~1996年10月
北海道大学 大学院工学研究科 分子化学専攻 博士課程修了 1996年11月~2000年3月
(株)関西新技術研究所 新素材研究センター 無機ファイン研究部 研究員 1999年10月~2000年6月 
(独)物質材料研究機構 物質研究所 機能性ガラスグループ ミレニアムプロジェクト特別研究員 2000年7月~2005年4月 
(財)電力中央研究所 材料科学研究所 特別契約研究員 2005年5月~2006年3月 
三菱伸銅(株) 開発技術本部 若松開発部 主幹研究員 2006年4月~2012年3月
岩手大学 工学部 応用化学・生命工学科 准教授 2012年4月1日~継続

私の研究内容

機能性ナノ材料の創製と実用表面技術の開発

種々の表面処理手法(アノード酸化、電気・無電解めっき、ゾル・ゲル法、スパッタ蒸着)の活用により、金属(Al, Ti, Zr, Cu, Fe)とガラス材料の上に、様々な酸化物(Al2O3, TiO2, TiO2-TiN, ZrO2)と金属(Sn/Ag3Sn, Ni-Pd, Sn-TiO2, Fe族-Pt, Ni, Pd, Ptなど)のナノ材料(ワイヤ、チュープ、ポーラス膜、積層膜)を創製するとともに、自動車端子・コネクタ、車エンジン部品、LEDデバイス、Liイオン電池・燃料電池、光触媒、太陽電池、垂直磁気記録媒体などへの実用研究を行っています。

私の教育ポリシー

応用化学・生命工学に必要な物理化学、無機工業化学、電気化学および材料化学の基礎的な知識の定着をめざし、科学的視野の広いグローバル時代に活躍できる人材の育成を行っている。また、基礎的学術研究および実用的な技術開発をバランス良く行い、学術研究と新技術開発の両者に役立つ人材の教育を努力しつつある。さらに、世界中に活躍するグローバル人材を育てるため、国際的な学術交流や国際共同研究を積極的に推進している。

研究室URL
http://www.chem.iwate-u.ac.jp/labo/physical-chem/material-basic-chem.html

ページトップへ