FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING, GRADUATE SCHOOL OF ENGINEERING, IWATE UNIVERSITY
MENU

化学・生命理工学科DEPARTMENT OF CHEMISTRY AND BIOLOGICAL SCIENCES

生命コース

Biological Sciences

特色Features

ラットと給水器

ラットと給水器

本コースでは、物理、化学等の理工学分野の基礎知識を取り入れた生命科学教育を行い、生命現象や生体機能などの基本的側面から細胞工学、再生医療工学などの応用研究を展開します。そこから、医薬品開発、福祉機器を含めた医療機器開発などの医療技術発展に貢献できる人材の育成をめざします。 生命コースの特色図

学ぶことContent of Study

神経軸索を標識するため、脂溶性色素の結晶を埋め込んだ脳

神経軸索を標識するため、脂溶性色素の結晶を埋め込んだ脳

iPS細胞における蛍光免疫染色によるNanogタンパク質の可視化

iPS細胞における蛍光免疫染色によるNanogタンパク質の可視化

生体機能分野

脳を中心とする神経系、体を動かす筋肉系、生命を支える活動である呼吸・心臓循環・内臓諸器官の働き・しくみについて教育研究を行います。

細胞工学分野

生物の基本単位である細胞のしくみや細胞間のコミュニケーションを理解する基礎分野に加えて、細胞改変技術や細胞培養法の開発などの応用分野の教育研究を行います。

再生医療工学分野

再生医療に関わる医療技術や医用工学技術の基礎を学び、失われた機能を再建するための遺伝子治療や人工臓器によって機能を補う技術に関する教育研究を行います。

生命分子システム分野

核酸やタンパク質等の生体分子の機能・構造の基礎を学び、細胞や個体の生命現象での働きを解明し、制御に応用するための、技術・知識に関する教育研究を行います。

勉強、部活、アルバイトに励み充実した学生生活を送っています

応用化学・生命工学科 川端 雪白 さん
[青森県 青森東高校出身]

川端 雪白 さん

 化学と生物が好きだったので、どちらにも関わるこの学科を志望しました。未だ謎の多い生命体のメカニズムに迫りたいという夢があります。
 勉強とともに、部活にも力を注いでいます。ラクロスに取り組んでいますが、顧問の先生はいませんし、ほとんどの人が未経験で入部します。コーチ探しから大会運営まで、すべて学生の手で行わなければならない中、2015年は初の決勝進出、準優勝に輝いたので、努力の甲斐がありました。ラクロス部は朝練のみなので、夜は勉強やアルバイトをしています。時間を効率よく使えば、充実した学生生活が送れます。

カリキュラムCurriculum

  1年次 2年次 3年次 4年次





基礎数学
微分積分学I
微分積分学Ⅱ
線形代数学
物理学I
物理学Ⅱ
化学I
化学Ⅱ
生物学
微分方程式
ベクトル解析
確率統計学
化学実験
フーリエ解析  






  分子細胞生物学Ⅰ
分子細胞生物学Ⅱ
基礎生理学
人体解剖学
生命情報学
生命理工学演習Ⅰ
生命理工学演習Ⅱ
英語論文購読Ⅰ
生物統計学
システム生理学
分子細胞生物学Ⅲ
英語論文購読Ⅱ
生命理工学実験Ⅰ
生命理工学実験Ⅱ
生命理工学情報
生体計測工学
臨床生理学
ブレインサイエンス
バイオテクノロジー
再生医療工学
医療機器工学
微生物学概論
栄養化学
卒業研究






化学生命研修Ⅰ
生化学
無機構造化学
基礎物理化学
有機化学Ⅰ
神経科学概論
発生生物学
基礎分析化学
物理化学Ⅰ
量子化学
基礎化学工学
分子遺伝学
科学英語Ⅰ
科学英語Ⅱ
化学生命研修Ⅱ
化学生命概論
有機合成化学
医薬品科学
 






ソフトパス理工学概論     技術者倫理
原子力工学
工業経営管理論
知的財産権概論
特許法特講
  社会体験学習  
国際研修
 

必修科目 選択科目

進路Career Paths

健康・福祉・医療に関わる機器・医薬品の開発や人と関わる健康福祉産業、また、最新の生命科学の知識を活かして教育関連分野での活躍が期待されます。

研究機関/医療産業/食品製造業/情報通信業/化学石油製造業/小売業/公務員/大学院進学 など

教員紹介Faculty Members

一ノ瀬 充行 教授 脳波を用いた感性評価
小栗栖 太郎 教授 神経機能素子の構造と機能
冨田 浩史 教授 視覚再生と網膜変性症治療に関する研究
福田 智一 教授 無限分裂細胞と人工多能性幹細胞に関する研究
荒木 功人 准教授 視覚情報処理神経回路の確立
尾﨑 拓 准教授 ミトコンドリアカルパインの機能解明とペプチド医薬の開発
芝 陽子 准教授 動物細胞内におけるタンパク質の輸送機構の解明
菅野 江里子 准教授 加齢に伴う神経変性に対する治療法の開発
坂田 和実 助教 線虫の神経活動のシミュレーション
若林 篤光 助教 線虫行動異常変異体の解析
ページトップへ