FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING, GRADUATE SCHOOL OF ENGINEERING, IWATE UNIVERSITY
MENU

化学・生命理工学科

DEPARTMENT OF CHEMISTRY AND BIOLOGICAL SCIENCES

学科概要Department Overview

化学・生命理工学科では、これまでの「応用化学」あるいは「生命工学」という工学的な教育研究分野を、「基礎化学」および「基礎生命科学」という理学的な教育研究分野で拡充することにより、化学・生命分野における技術開発に対して課題解決能力を身につけた専門技術者、研究者および教育者を育成します。
学科内に「化学コース」と「生命コース」を設置し、コースごとに高度な専門教育研究を行うとともに、コース間の連携による学際的な教育研究も行います。
「化学コース」では、表面・エネルギー化学分野、有機・高分子化学分野、物性化学・化学システム分野の3つの分野を柱として、また「生命コース」では、生体機能分野、細胞工学分野、再生医療工学分野、生命分子システム分野の4つの分野を柱として、基礎から応用までの教育を行います。

学科概念図Conceptual Diagram of the Department

main_cbe

人材育成像Goal of Human Resource Development

1
化学・生命分野の理学的な基礎能力と工学的な応用能力を身につけているとともに、関連する工学的または医学的な課題の解決能力を有し、地域社会と国際社会の持続可能な発展に貢献できる人間性豊かな人材
2
基礎化学と応用化学およびその関連分野に関する高度な専門性と幅広い知識を備え、応用化学分野の持続的発展を実現させる上で、解決すべき諸問題に積極的に取り組むことができる理学的素養と課題解決能力を有する人材
3
基礎生命科学と生命工学およびその関連分野に関する高度な専門性と幅広い知識を備え、生命工学分野の持続的発展を実現させる上で、解決すべき諸問題に積極的に取り組むことができる理学的素養と課題解決能力を有する人材
ページトップへ