マテリアルコース

金属生産工学の技術開発や新機能材料開発などの分野における産業発展と持続可能な社会に貢献できる人材を育成

どのようなことを学び研究するコース?

スマホ、自動車、東京スカイツリーはすべて材料(マテリアル)からできています。ノーベル物理学賞を受賞した青色LED材料は社会を一変しました。本コースで学べるマテリアル工学は、社会を支え、未来を創る学問です。幅広い問題への対応能力をつけるため、本コースでは数理・物理科学と材料工学を統合し、工学と理学を融合した教育プログラムを編成しました。

金属生産工学分野

材料物理化学、材料組織学、金属構造材料学などの金属とセラミックスの物理・化学的性質を基礎に、材料精製、材料強度、熱処理、材料加工を学びます。また、薄膜プロセス技術による新規材料開発、金属製錬、金属リサイクル、鋳造、溶接、粉末冶金等の材料プロセスおよび複合材料学について学びます。

機能材料理工学分野

電磁気学、固体物理学、半導体理工学などを基礎に、固体内での電子の振る舞いや、固体の電気的、磁気的、熱的、結晶学的な性質について学びます。また、機能性酸化物、超電導体、有機半導体、磁性体等の新しい機能材料、新たなエネルギー材料や、先端構造材料の評価を非破壊に行う手法について学びます。

この研究は社会にどのように生かされる?

素材すなわちマテリアルは産業の要であり、鉄鋼業などの素材分野だけでなく、自動車・機械、インフラ設備、電気電子デバイス、医療などの幅広い分野の製品のベースとして現代社会を支え、イノベーションをもたらす重要な存在です。日本は「素材大国」といわれるほどマテリアルについての研究が盛んで、青色LEDやネオジム磁石、リチウムイオン電池など、日本発のマテリアルに関するたくさんの研究成果が社会に実装され、世界を変えてきました。マテリアルコースの研究は、今後もイノベーションを創出し続け、持続可能な社会の実現に貢献して行くと期待されます。

このコースに入学する学生に求めることは?

マテリアルコースでは、すべての産業を支える“材料”の性質を原子・分子レベルから科学的に理解し、新しい材料やそれらの製造・評価技術の開発につながる専門知識と技術を習得して、社会に貢献できる人材の育成を行います。そのために、本コースでは次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。

  • 材料・物質科学を学ぶに相応しい、数学、物理、化学、英語等の基礎学力
  • 材料工学や物質科学の学問分野に対する高い勉学意欲
  • 材料・物質科学分野に強い興味を持ち、環境との調和を図りながら、産業の発展を通して社会の諸問題に取り組みたいという意欲
  • 新しい課題に挑戦する積極性と、地域はもとよりグローバルに活躍したいという意欲

どのような人材育成を目指している?

金属生産工学と機能材料理工学の2分野を設置しており、材料プロセス・リサイクル技術や新材料・先端デバイス等に関する知識が学べ、応用展開力が養えます。技術革新を担う材料開発に貢献できる人材の育成、地域産業の課題から地球規模のエネルギー・環境・資源の課題まで対応できる人材の育成をめざします。

卒業後の想定される進路は?

材料開発や材料評価のできる人材は、あらゆる職種・分野で必要とされています。したがって、今後も高い就職率が期待されます。大学院への進学者も多く期待されます。

  • 金属素材関連
  • 自動車関連
  • 機械製造関連
  • 電気エレクトロニクス関連
  • IT関連
  • 鋳造関連
  • 運輸関連
  • 公務員
  • 大学院進学 など

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
専門基礎科目 基礎数学
微分積分学I
微分積分学Ⅱ
線形代数学
微分方程式
物理学
化学I
化学Ⅱ
生物学
ベクトル解析
フーリエ解析
物理学実験
化学実験
複素解析
確率統計学
地学
マテリアルコース科目 材料物理化学Ⅰ
金属構造材料学
材料力学
材料物理化学Ⅱ
材料組織学Ⅱ
材料強度学
電気化学
半導体デバイス工学
エコ材料学
接合工学
反応工学
製錬工学
鋳造材料学
複合材料学
卒業研究
学科内共通科目 物理・材料理工学基礎演習
設計製図
熱力学
科学技術英語Ⅰ
材料組織学Ⅰ
電磁気学Ⅰ
量子物理学Ⅰ
統計物理学
電気回路学
電磁気学Ⅱ
光学
科学技術英語Ⅱ
数値計算法
プログラミング学
物理・材料理工学実験Ⅰ
物理・材料理工学実験Ⅱ
固体物理学
特別講義Ⅰ
特別講義Ⅱ
工場見学 
電子物性学 
材料計測学 
誘電体材料学 
半導体理工学 
有機材料学 
磁性理工学 
超伝導理工学 
ナノ理工学 
専門英語セミナー
特別研修
学部内共通科目 ソフトパス理工学概論 技術者倫理
原子力工学
工業経営管理論
知的財産権概論
特許法特講
社会体験学習
国際研修

必修科目 選択科目

学生Interview

家族の支え、友達の励ましを糧に、大学での勉強を頑張っています。

中村 有紗さん

[青森県 三本木高校出身]

私は材料に関する基礎研究に興味があったので、マテリアルコースを選択しました。様々な講義を受ける中で金属材料の分野への関心が高まり、現在は鋳鉄について学んでいます。 学生生活では勉強を頑張ることに重点を置いてきました。積み重ねてきた努力は、評価に表れていると思います。やる気が起きない時や、勉強や研究で壁にぶつかった時には、家族に話を聞いてもらったり、友達と遊んだりして気分転換し、乗り越えました。勉強と趣味と気分転換のバランスがうまくとれれば、学生生活は充実したものになると思います。

※取材は2017年3月段階のものです

物理・材料理工学科