FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING, GRADUATE SCHOOL OF ENGINEERING, IWATE UNIVERSITY
MENU

物理・材料理工学科DEPARTMENT OF PHYSICAL SCIENCE AND MATERIALS ENGINEERING

マテリアルコース

Materials Science and Engineering

コースによる公式サイト

特色Features

透過型電子顕微鏡

透過型電子顕微鏡

スマホ、自動車、東京スカイツリーはすべて材料(マテリアル)からできています。ノーベル物理学賞を受賞した青色LED材料は社会を一変しました。本コースで学べるマテリアル工学は、社会を支え、未来を創る学問です。幅広い問題への対応能力をつけるため、本コースでは数理・物理科学と材料工学を統合し、工学と理学を融合した教育プログラムを編成しました。金属生産工学と機能材料理工学の2分野を設置しており、材料プロセス・リサイクル技術や新材料・先端デバイス等に関する知識が学べ、応用展開力が養えます。技術革新を担う材料開発に貢献できる人材の育成、地域産業の課題から地球規模のエネルギー・環境・資源の課題まで対応できる人材の育成をめざします。マテリアルコースの特色図

学ぶことContent of Study

走査型電子顕微鏡

走査型電子顕微鏡

超電導バルク磁石実験

超電導バルク磁石実験

金属生産工学分野

材料物理化学、材料組織学、金属構造材料学などの金属とセラミックスの物理・化学的性質を基礎に、材料精製、材料強度、熱処理、材料加工を学びます。また、薄膜プロセス技術による新規材料開発、金属製錬、金属リサイクル、鋳造、溶接、粉末冶金等の材料プロセスおよび複合材料学について学びます。

機能材料理工学分野

電磁気学、固体物理学、半導体理工学などを基礎に、固体内での電子の振る舞いや、固体の電気的、磁気的、熱的、結晶学的な性質について学びます。また、機能性酸化物、超電導体、有機半導体、磁性体等の新しい機能材料、新たなエネルギー材料や、先端構造材料の評価を非破壊に行う手法について学びます。

 

家族の支え、友達の励ましを糧に大学での勉強を頑張っています

マテリアル工学科 中村 有紗 さん
[青森県 三本木高校出身]

中村 有紗 さん

 私は材料に関する基礎研究に興味があったので、マテリアルコースを選択しました。様々な講義を受ける中で金属材料の分野への関心が高まり、現在は鋳鉄について学んでいます。  学生生活では勉強を頑張ることに重点を置いてきました。積み重ねてきた努力は、評価に表れていると思います。やる気が起きない時や、勉強や研究で壁にぶつかった時には、家族に話を聞いてもらったり、友達と遊んだりして気分転換し、乗り越えました。勉強と趣味と気分転換のバランスがうまくとれれば、学生生活は充実したものになると思います。

カリキュラムCurriculum

  1年次 2年次 3年次 4年次





基礎数学
微分積分学I
微分積分学Ⅱ
線形代数学
微分方程式
物理学
化学I
化学Ⅱ
生物学
ベクトル解析
フーリエ解析
物理学実験
化学実験
複素解析
確率統計学
地学
   








  材料物理化学Ⅰ
金属構造材料学
材料力学
材料物理化学Ⅱ
材料組織学Ⅱ
材料強度学
電気化学
半導体デバイス工学
エコ材料学
接合工学
反応工学
鉄鋼製錬
非鉄製錬
鋳造材料学
複合材料学
卒業研究






物理・材料理工学基礎演習
設計製図
熱力学
科学技術英語Ⅰ
材料組織学Ⅰ
電磁気学Ⅰ
量子物理学Ⅰ
統計物理学
電気回路学
電磁気学Ⅱ
光学
科学技術英語Ⅱ
数値計算法
プログラミング学
物理・材料理工学実験Ⅰ
物理・材料理工学実験Ⅱ
固体物理学
特別講義Ⅰ
特別講義Ⅱ
工場見学
電子物性学
材料計測学
誘電体材料学
半導体理工学
有機材料学
磁性理工学
超伝導理工学
ナノ理工学
専門英語セミナー
特別研修






ソフトパス理工学概論     原子力工学
技術者倫理
工業経営管理論
知的財産権概論
特許法特講
  社会体験学習  
国際研修
 

必修科目 選択科目

進路Career Paths

材料開発や材料評価のできる人材は、あらゆる職種・分野で必要とされています。したがって、今後も高い就職率が期待されます。大学院への進学者も多く期待されます。

金属素材関連/自動車関連/機械製造関連/電気エレクトロニクス関連/IT関連/鋳造関連/運輸関連/公務員/大学院進学 など

教員紹介Faculty Members

鎌田 康寛 教授 金属材料の新しい非破壊劣化診断法と品質検査法の研究
平塚 貞人 教授 高機能鋳鉄の創製と複合化技術の開発
藤代 博之 教授 超電導応用と新しい熱電変換材料の創製
水本 将之 教授 金属基複合材料の高度複合化プロセスの開発
山口 勉功 教授 非鉄金属製錬と金属リサイクル
吉本 則之 教授 有機電子デバイス開発のための有機薄膜制御
小林 悟 准教授 材料劣化の磁気的非破壊評価手法の開発
内藤 智之 准教授 酸化物高温超伝導体の磁束状態と相転移
晴山 巧 准教授 鋳造材料の高強度化と組織微細化技術の開発
山口 明 准教授 水素・燃料電池に関連する薄膜材料の開発
葛原 大軌 助教 機能性有機半導体材料の創出とデバイス応用
関本 英弘 助教 平衡論に基づく素材プロセスの研究
ページトップへ