FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING, GRADUATE SCHOOL OF ENGINEERING, IWATE UNIVERSITY
MENU

教員INDEX

  • 環境
  • 防災

岡田 真介

(おかだ しんすけ)

OKADA Shinsuke

准教授 Associate Professor

所属

社会基盤・環境コース
[修]地域・コミュニティデザインコース
[博]システム創成工学専攻

取得学位

博士(理学)

専門

変動地形学 Active Tectonics
自然災害科学 Natural Disaster Science

プロフィール

金沢大学 理学部 地球学科 卒業・学士(理学)
東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星科学専攻 修士課程修了・修士(理学)
東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星科学専攻 博士課程修了・博士(理学)
産業技術総合研究所 地質情報研究部門 特別研究員
東北大学大学院 理学研究科 地学専攻 助教
東北大学 災害科学国際研究所 助教
岩手大学 理工学部 システム創成工学科 社会基盤・環境コース 准教授

私の研究内容

活断層の分布と地下構造およびその発達史

日本は世界有数の変動帯に位置しており,日本周辺には多くの活断層が存在しています。1つの活断層による地震の発生頻度は,海溝型の地震と比較すると低いのですが,活断層による地震は人間生活の直下で地震を発生させるため,甚大な被害をもたらします。活断層はどこにあって,その地下がどのようになっているのか?どうやって地形や地質構造が作られてきたのか?これらを知り活断層を評価することで,内陸活断層による地震の防災や減災に繫がります。地形学と反射法地震探査や重力探査などの地球物理学的手法を合わせて,活断層の地表から地下構造,過去の活動や特徴を明らかにしようとしています。

私の教育ポリシー

調査や観測などに基づいて地形や地質を理解し,地震などの自然災害の軽減に貢献できる人材を育成したいと考えています。

ページトップへ