FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING, GRADUATE SCHOOL OF ENGINEERING, IWATE UNIVERSITY
MENU

教員INDEX

  • 環境
  • 化学
  • 医療
  • 生命

會澤 純雄

(あいさわ すみお)

AISAWA Sumio

准教授 Associate Professor

所属

化学コース
[前]フロンティア材料機能工学専攻
[後]フロンティア物質機能工学専攻

取得学位

博士(工学) 学位の分野:化学

専門

無機工業化学 Inorganic Industrial Chemistry
無機材料化学 Inorganic Materials Chemistry
環境材料化学 Environmental Materials Chemistry
粘土科学 Clay Science

プロフィール

岩手大学大学院 工学研究科 博士後期課程物質工学専攻退学 2001年1月
岩手大学 工学部 応用化学科 助手 2001年2月

私の研究内容

無機層状化合物を基材とした新しいナノ複合体の合成とその応用

無機層状化合物の層間は様々なイオンや分子をナノレベルで取り込む性質をもっています。私はこの性質を利用し、生体や環境にやさしい無機/有機ナノ複合体の合成とその応用に関する研究に取り組んでいます。最近では、生体分子や薬剤を層間へ取り込み、分子コンテナ、生体分子キャリア、ドラッグデリバリー材料への応用を目指した研究にも挑戦しています。
無機層状化合物の一つである層状複水酸化物(LDH)は、ドラッグデリバリー材料へ応用できる無機ナノ粒子として注目されていますが、その細胞内の動態について明らかになっていません。私の研究では、蛍光色素/LDHや希土類元素含有LDHを合成し、それらを用いてLDHの細胞内送達・細胞内動態の観察に取り組んでいます。また、抗がん剤/LDHを合成し、細胞への抗がん剤の輸送量の向上や細胞の増殖抑制効果の改善を調べ、ドラッグキャリアへの応用を目指した研究を行っています。

私の教育ポリシー

LDHを基材とした医学的用途に向けた多機能性無機/有機ナノ粒子の創製を目標とし、化学、薬学、生物学、医学など物事を多面的な視野で観察、知識を収集、得た知識を利用できる人材の育成を行っています。

研究室URL
http://www.chem.iwate-u.ac.jp/labo/inorganic/inorg-material-chem.html

ページトップへ