FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING, GRADUATE SCHOOL OF ENGINEERING, IWATE UNIVERSITY
MENU

教員INDEX

  • 知能
  • 情報
  • デザイン・メディア

藤本 忠博

(ふじもと ただひろ)

FUJIMOTO Tadahiro

教授 Professor

所属

知能・メディア情報コース
[前]デザイン・メディア工学専攻
[後]デザイン・メディア工学専攻

取得学位

博士(工学) 学位の分野:計算機科学

専門

情報工学 Computer Science

プロフィール

慶應義塾大学 理工学部 電気工学科 卒業 1990年3月
慶應義塾大学大学院 理工学研究科 前期博士課程 計算機科学専攻 修了 1992年3月
(株)三菱総合研究所 1992年4月~1995年3月
慶應義塾大学大学院 理工学研究科 後期博士課程 計算機科学専攻 1995年4月~1999年3月(単位取得退学)
岩手大学 工学部 情報工学科 助手 1999年4月~2000年3月
博士(工学)(慶應義塾大学大学院 理工学研究科 計算機科学専攻) 2000年3月
岩手大学 工学部 情報システム工学科 助手 2000年4月~2002年9月
岩手大学 工学部 情報システム工学科 講師 2002年10月~2005年3月
岩手大学 工学部 情報システム工学科 助教授 2005年4月~2007年3月
岩手大学 工学部 情報システム工学科 准教授 2007年4月~2009年3月
岩手大学 工学部 電気電子・情報システム工学科 准教授 2009年4月~継続

私の研究内容

モノの形をコンピュータ上でいかに表現するのか

モノの「形(形状)」をコンピュータ上でいかに表現するかを研究のテーマにしています。人為による幾何学的なものから自然界に見られる複雑なものまで、多種多様な形状の特徴や規則性をとらえ、より少ない情報量で効率よく表現したり、効率的に取り扱うための方法を考えることを目標にしています。現在は、複数のカメラで撮影した実映像から3次元形状を復元するモデリング技術と、任意の視点から観た映像を生成するレンダリング技術に関する研究に取り組んでいます。

私の教育ポリシー

情報工学、特に、コンピュータによる映像生成を中心としたメディア工学に関する教育を通して、自ら新しいことに興味を持ち、積極的に挑戦していくことができるような人材の育成を目指しています。

ページトップへ