FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING, GRADUATE SCHOOL OF ENGINEERING, IWATE UNIVERSITY
MENU

教員INDEX

  • 医療
  • 生命

福田 智一

(ふくだ ともかず)

FUKUDA Tomokazu

教授 Professor

所属

生命コース
[前]応用化学・生命工学専攻
[後]連合農学研究科

取得学位

博士(医学) 学位の分野: 腫瘍病理学

専門

細胞工学 Cell Engineering
分子遺伝学 Molecular Genetics
幹細胞生物学 Stem Cell Biology
動物遺伝学 Animal Genetics

プロフィール

1991年3月      神戸大学農学部卒業
1991年4月-1993年3月 神戸大学大学院自然科学研究科、修士課程
1993年4月-1995年3月 住友化学工業株式会社、研究員
1995年4月-1999年3月 奈良県立医科大学大学院医学研究科、博士課程 
1999年4月−2001年1月 財団法人癌研究会研究所、実験病理部、嘱託研究員
2001年2月-2005年4月 米国国立環境健康科学研究所(NIEHS-NIH),Laboratory of Molecular Carcinogenesis, Visiting Fellow
2005年5月-2008年3月 国立がんセンター研究所、生化学部、研究員 
2008年4月-2016年3月 東北大学大学院農学研究科、准教授
2016年4月-現在 岩手大学理工学研究科、工学部 応用化学・生命工学科教授

私の研究内容

無限分裂細胞と人工多能性幹細胞に関する研究

我々は幅広い動物種において、細胞周期に関連する共通した3つの遺伝子を導入することで、元の細胞のゲノム状態や性質を保持したまま無限に細胞分裂を誘導できることを見出しました。また近年、発展の著しい人工多能性幹細胞(iPS細胞)技術を動物に適用し、個体や機能の再生と利用を進めています。これらの細胞における技術を用いて新たな細胞を作り出し、世界中の研究者と共有の研究資産として利用しています。

私の教育ポリシー

生命工学に必要な細胞、遺伝子、そして蛋白質の解析のための技術と、最新の生命工学技術の知識の理解を目指し、自分の目指す方向性を自信を持って語れる人材の育成を目指しています。

研究室URL
http://web.cc.iwate-u.ac.jp/~tomof009/

ページトップへ