FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING, GRADUATE SCHOOL OF ENGINEERING, IWATE UNIVERSITY
MENU

教員INDEX

  • 物理
  • 化学

中山 敦子

(なかやま あつこ)

NAKAYAMA Atsuko

教授 Professor

所属

数理・物理コース
[前]フロンティア材料機能工学専攻
[後]フロンティア物質機能工学専攻

取得学位

博士(理学)

専門

高圧科学 High pressure science
物質科学 Material science
固体物理学 Solid State Physics

プロフィール

東京工業大学大学院理工学研究科化学専攻博士課程修了 1996年3月

本学職責就任までの経歴
(株)国際基盤材料研究所 1994年4月〜1996年7月
工業技術院物質工学工業技術研究所重点研究支援協力員制度 1996年8月〜2001年3月
(独)産業技術総合研究所 2001年4月〜2004年3月
(独)物質・材料研究機構 2004年4月〜2006年5月
名城大学理工学部材料機能工学科 2006年6月〜2007年3月
新潟大学超域研究機構准教授 2007年4月〜2011年3月
新潟大学研究推進機構超域学術院准教授 2011年4月〜2016年3月
岩手大学理工学部物理・材料理工学科教授 2016年4月〜継続

私の研究内容

高圧力を用いた物質の高密度化と新奇物性の研究

圧力は物質を構成する結合状態や結晶構造、物性を系統的に変化させるため、物質探索にとって極めて有用なツールです。静水圧環境でのその場観察は、高圧下で構造の詳細を求めるに留まらず、物性を誘起するメカニズムの解明に役立ちます。我々のグループでは、物質を圧縮することで結合の本質を学び、新奇な物性を探索することで、物質設計への還元を目指しています。とりわけ、炭素は様々な結合状態を示すことから固有の電子状態を与えます。我々は、炭素物質の圧力誘起構造変化、物性変化のみならず、高圧下における炭素と水素の反応生にも興味をもっています。

私の教育ポリシー

「物質を見る目と科学にときめく心」、「一から考える力、これを遂行する腕力」、「前向きな姿勢と柔軟性」、「諦めない強い心」、「思いやりのある個性」を学ぶことが、科学を志す学生にとって大切です。このような考えのもと、大学教育・研究を通じて、彼らを育成することに力を入れています。

ページトップへ